お喋りの中にもある!嫌われポイント

ネイルしてもらいながらのお喋りは、客側にとっても、ネイリストにとっても、楽しい時間です。

ところが、そんなトークの時間が、ネイリストから嫌われるポイントになることもあるんです。

会話の途中でついジェスチャーが入ったり、頷いたりしてしまうと、体が動いてしまいます。

ネイルの長さを調整する段階では、多少体が動いても問題ありません。

しかし、ネイルカラーを塗布する作業では、体の僅かな揺れで手元が狂い、せっかくの繊細なデザインがイビツになってしまう恐れも……。

結果として、完成までの時間が遠くなってしまいますから、注意しましょう。


サロンでは黙って座るのが正解?

ネイルカラーは何度を重ね塗りを行います。

例えワンカラーでもポリッシュなら乾くまで、ジェルネイルならトップコートが硬化するまでと、全部の爪へ施す工程が完了するまで意外に時間がかかりますよね。

その間、黙ってじっとしているだけでは面白くありません。

ネイルのことについて質問したり、何でもない世間話をネイリストと楽しんだり、そんな時間もサロンならではですよね。

ネイリストも、楽しく会話するのは大歓迎です。

作業を効率よく進めるためにも、ジェスチャーは控え、頷くのではなく声で返事をするなどの配慮ができれば、また来てほしいと思われるはず。

動かないだけで、仕上がりも断然キレイになりますよ。